2020年度

<<2020年度JEA活動方針>>

◇Give&Takeの実践

◇「JEAならでは」の活動の実践

◇会員数を増やす

→JEAに参加するメリットが感じられる活動内容の模索

5月度定例会はWEB会議で実施

6月度定例会では、昨年度ワーキング活動IPランドスケープ(炊飯器)について、各チーム発表を行い、活動終了とする

7月度以降、会場開催できない場合、毎月WEB会議で定例会を実施する

会場開催が可能となった時点で、奇数月開催に戻すなり、開催方法を再検討する

2-1 例会
・例会では以下の内容について実施する
-個人研究発表 ※年間スケジュール表参照

委員全員が年度内に1回(以上)例会にて各自の研究発表を実施

-特許情報・システムを利用して得られた知見の報告で、他の委員の参考になる未発表の内容とする

-システム・サービスの商品紹介、他の研究資料の紹介は発表資料の対象外とする

-課題や困りごと等の意見交換 (必要に応じて)

-その他、情報提供等 (必要に応じて)

2-2 ワーキング活動

・知財に関するテーマについて研究や情報、意見交換を実施する

-特許調査(解析・評価を含む)の体制、IPランドスケープ手法、分類精度、システム、教育など様々な知財テーマについて研究、検証、情報収集、意見交換を行う
-活動内容は最後に成果物としてまとめる

2-3 勉強会
・年に2~3回程度実施する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA